不祥事の発生した社会福祉法人で内部統制を構築します!!民事再生へ向けた支援【会計専門家として全力で支援!!】

プロジェクトインタビュー

都内の社会福祉法人の再生案件について、弁護士MTG2回目を実施しました。

【対象法人の現在の状況】
資金的には、現スポンサーの援助がないと10日の給与が支払できない状態となっております。
また、法人の財政状況を考慮せずに、債権譲渡担保が設定されており、弁護士の先生が担保解除に尽力されています。
会計専門家として、行政の指示の完遂や施設の利用者を保護するために、緊急対応をいただけるように再度、お願いを受けました。

法人には、現在も、60名近い要介護度の高い方が入居されています。給与の遅配等も発生しており、給与の停止などが発生すれば、介護度の高い方が施設で何の支援もないなかで取り残されることが容易に想像されます。これが、弁護士および関係者からの強い要請の原因となっています。

~私たちに期待されている役割~

・行政の要請する4月~9月の会計データ、財務諸表の作成を速やかに実施する
・民事再生等への移行を支援するため、債権者一覧などを作成する
・スポンサー候補を探すために、当社で作成する財務諸表・債権者一覧が必要

弁護士先生が、以下の対応に全力で取り組み頂いております

・債権を差し押さえしている方については、事情を説明し、債権差し押さえをほとんど解除できたが、10日にあう方が2500万円の債権譲渡担保を解除しないかぎりは倒産するため、担保解除を要求する。

法人には、記帳するような設備やソフトが一切ない状況

当社でクラウド会計ツール等を用いて記帳等を実施し、社会福祉法人が行政提出にたる資料を作成します。また、債権者一覧等を作成して民事再生を支援いたします。

当日はクラウド型の会計システムを活かして、分散処理にて、迅速な試算表の完成を目指します。
また、先生方が2日目以降にご支援いただけますため、レビューに耐える会計処理を実施します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました